事業融資とは、事業用資金という名目で資金を融資することです。

事業融資を受ける場合、一般的には、政府系の国民生活金融公庫や民間の銀行などの金融機関から借り入れることになります。

これらに対して、個人事業主や中小企業の経営者に対して、同じように事業用資金として融資されるものにノンバンク系の商工ローンやビジネスローンというものもあります。

これらは、政府系金融機関や銀行の事業融資に比べ、無担保で借りられ、融資が行われるまでの日数が短く、しかも保証人も必要としないことから、最近では、利用するケースが増えています。

そして今では、個人を対象としたキャッシングやカードローンなどを個人事業主や中小企業経営者に置き換えたものという見方が一般化してきているようです。

事業融資は、このように政府系金融機関から借り入れるか、民間の銀行から借り入れるか、あるいはノンバンクから借り入れることになり、国民生活金融公庫は、行政が運営しているために金利も低くなっており、事業融資を受けたい場合にまず検討したいものとして定着しています。

次に、取引先からの売上金が金融機関に入金されるまでの間、工場の運転資金や銀行融資が受けられるまでのつなぎとして利用したいとされているのが、商工ローンやビジネスローンであると位置づけることができます。

事業融資は、その目的に応じたものが用意されています。まず事業を起こすときに必要な開業資金、そして日々の業務運営上に必要な運転資金、設備購入の際に必要になる設備資金などがあります。

また、1年を超える借り入れを行なう場合の長期融資、1年未満の場合の短期融資といった、借入れ期間によるものもあります。それぞれ、用途に応じての使い分けが大切です。

事業融資を利用する場合、通常は、まず融資先が決まると融資担当者と目的や金額などを相談し、次に必要書類を提出して申込み、続いてその内容を審査しての融資決定といった順序で進行していきます。